(What’s the story )morning glory ?

私の好きなアルバム、オアシスの「morning glory」。

1995年10月2日に発売されたオアシスのセカンドアルバムです。

当時のイギリスはブリットポップ全盛の時代で、数多くのバンドがデビューし、数多くの作品をリリースしていました。

その中心だった二大巨頭だったのが、オアシスとブラーでした。

お互いをメディアを通して罵倒し合うなど、色々な意味で盛り上がっていました。

その盛り上がりが最高潮となったのが、このようなアルバムにも収録されているオアシスの「roll with it」とブラーの「country house」の2つの作品がリリースされた1995年8月14日でした。

結果はブラーの「country house」月1位を獲得しましたが、良くも悪くもブリットポップの象徴的な1日でした。

オアシスの「morning glory」は全英チャート1位を獲得し、イギリスで470万枚、全世界で2300万枚を売り上げました。

そのセールスに相応しく、収録曲全てが珠玉で、捨て曲は全くありませんでした。

ギターで作詞と作曲を担当していたノエルギャラガーは

「収録曲全てをシングルカットする」

と豪語するほど、このアルバムに自信を持っていました。

私見になりますが、オアシスがリリースした作品で1番の作品だと思います。

この後5枚のスタジオアルバムをリリースしますが、セールス的にも1番成功したアルバムです。

収録曲で1番好きな物は何かと問われても、私は選ぶことができません。

そのくらい全ての収録曲が大好きです。

発売から20年経った今でも、CMなどで使われるほど、色褪せない名曲ばかりです。