SHOGO HAMADA J.BOY

自分が次に紹介したい浜田省吾さん(浜省)のアルバムは、彼がメジャーデビューして10年目にしてチャート1位を獲得したアルバムの、J.BOYに関して書きます。

 彼はツアー中に1位を獲得した事を知ったそうです。因みに彼のツアータイトルはON THE ROADというツアータイトルを1981年~今日まで使っております。

 このJ.BOYというアルバムは彼が、「本当にやりたい音楽を自分で模索した作品」と言っております。聴いてみると、本当に色々な曲調が収録されていて興味深いアルバムになりました。

 しかもCDが2枚組という仕様なのも興奮してきます!(笑)1曲目の NEW STYLE WARは、海外での戦争に対しての反戦歌に近いと思います。結構、プロテスト調の強い曲かと思います。

 2曲目のBIG BOY BLUESは、男女のもつれを明るく歌っている感じで、僕は好きです。そして、このアルバムのドラマーは僕の大好きな高橋伸之さんであり、このBIG BOY BLUESもイカした感じでたたいてくれております!

 3曲目のAMERICAという曲は、何か切なくなるようなバラードというか・・・アメリカン調の曲調で好きです。古臭さの中にも洒落た感じもあり、なおかつ浜省の声がマッチするという不思議な曲です。

 最後になりますが、彼の名曲中の名曲 もうひとつの土曜日 も収録されております。

 この もうひとつの土曜日 は女性には是非とも聴いてほしい1曲です。女性であればこの曲の歌詞にあるように、「受け取って欲しいこの指輪を 受け取って欲しいこの心を」と言われてみたいと、僕の周囲の女性は皆いいます。

 「もうひとつの土曜日」・・・是非とも聴いてみて下さいね。