THE HISTORY OF SHOGO HAMADA SINCE1975

このアルバムは約20年ほど前にメディアに取り上げられたので、比較的知名度が高いと思います。

 なんせ浜田省吾(浜省)さんの、「初のベストアルバム」ですからね!やはり予想通りにチャートでは1位を獲得しています。

 収録曲数は全部で15曲です。

 浜省をこれから聴こう!という人は、このアルバムから買ってみるのもいいかもしれませんね。僕は友達に「浜省ってどのCDから聴いたらいい?」なんて言われた時に、このアルバムをオススメしています。

 何曲か紹介したい曲があります。トラック2の彼のデビュー曲の「路地裏の少年」という曲が収録されています。リメイクされているので音は良いのですが、彼の声はデビューしたて時の声なので、とても可愛いです。(笑)

 でも歌詞を聴いていると、考えさせられます。「いつかはこの国 目を覚ますと」という歌詞がありますが・・・いつの時代でもこの歌詞は通用するのかな?と自分で勝手に思っております。

 3のナンバーは結構知っている人も多いのでないでしょうか?「片思い」という曲です。聴いていると女性詞なのですよね。「愛を求めた片思い」という歌詞は男ながら、とても切なくて泣いてしまったことがあります。

 その他にも、ハングリー精神が爆発している「MONEY」というロックナンバーの曲や、「J.BOY」。

 彼の名曲中の名曲、「もうひとつの土曜日」この曲は後世にも残るのでしょうね。

 シングルバージョンの「悲しみは雪のように」等収録されているので、気になれば購入してみて下さいね。

 結構、このアルバムから浜省ファンになったという人も多いですよ。歌詞の内容が濃いので、考えさせられたり 勉強になったり 自分と重なる部分 シニカルな表現等浜省ワールドが炸裂しています。