スピッツ 醒めないの心地良さと素晴らしさ

私が毎朝必ずと言っていいほど聞いてる曲がスピッツの醒めないというアルバムに入っている『みなと』という曲です。
この曲を初めて知ったのはミュージックステーションに久しぶりに出演された時のことで元々スピッツの有名な曲、チェリーや空も飛べるはずなどが好きだったこともあり、見てみたいと思い視聴していました。
するとまさかの展開でボーカルの草野さんがみなとのイントロの尺の長さを間違えてしまったのです。
みなさんがどんな風に感じられたかは分かりませんが、私はこんなにベテランですごいプロの人達でも間違えることがあるんだと感じ何処かほっとして暖かい気持ちになりました。
そこからは一瞬で歌に入り込み、みなとのインパクトにやられてしまい、すぐに好きになったのを今でも覚えています。
その後、醒めないという曲を発売されてアルバム発売へと至ったのですが、みなとが収録されていると分かった時点で買うということが一瞬で決まりました。
私の大好きな歌を聞くことが出来ますし、アルバムということでまだ知らない新しい曲を知るきっかけにもなります。
こんなに有り難いことはないなぁと感じた瞬間でした。
名曲となった空も飛べるはずが発売された時から変わらない声の素晴らしさが今でも健在しており心地よさも変わらず、いやもしかしたら昔以上にあるのではと感じるのです。
これから先ももっと新しい曲を作ってほしいと思いますが、このアルバムを超えてほしくないという贅沢な悩みもあります。